乾燥にはご注意よ!

ギターの天敵、

それは乾燥&湿気です。

 

冬に時期は特に乾燥するので注意が必要です。

乾燥している時期は、加湿器などを使って適度に湿気を与えてあげましょう。

湿度の目安は、だいたい40%位で。

 ←加湿器

 ←湿度計(あるとなんか便利)

 

加湿器なんか無いわい!!

という方は・・・

コップに水を入れてギターの近くにおいておく。

気休めにはなります。。。(気休めにしかなりません)

 こんな感じで。

この方法、実は全然有効じゃ有りません。。。。

(じゃ紹介スンナ・・)

コップから確かに水分は蒸発するんですが、

加湿には全然追いつきません!!

 

そんなに高くないので、加湿器を購入しましょう!(2000位~売ってます)

 

乾燥しすぎると、色々と不具合の出る事があります。

ギターは「木」ですので、湿気や乾燥によりある程度膨らんだり縮んだりします。

ネックが反ってしまったりもします。

木にヒビが入ってしまったり、割れてしまう事もあります。

ギターの指板用のオイルなども使って、乾燥から守りましょう。

 

反対に、湿気の多い梅雨時期なども注意が必要です。

部屋の風通しをよくしたり、エアコンなどを使ってじめじめ湿気からギターを守りましょう。

ケースに入れて持ち運ぶときや、やむなくケースに入れっぱなしのときは、

ギター用の乾燥剤も有効ですよ!!

(1000円前後かな?)

 ←こんなの。(色んなのがでてます)

 

そして、年に1~2回は、ショップなどでギターの状態をチェックしてもらうと良いでしょう。

お金が・・・・

って思うかもしれませんが、

簡単な調整なら、そんなに高いものでもないですし、

ほっといて状態が悪くなると、取り返しの付かない金額になることも!!!

 

参考までにこちらのショップを。

筆者も利用しています。(このショップのまわし者ではないのでご安心をww)

ネイキッドギターワークス

 

ギターは生き物ですので、ちゃんと気を使って優しくしてあげてくださいね(*^_^*)

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください