ギターの保管方法

普段、どうやってギターを置いておくとよいかをご紹介します。

ケースに入れてその辺にほっぽっとく。

これは駄目ですw

寝かしてあった場合、踏んでしまう可能性も有りますし、

立て掛けてあるだけでは倒れる可能性もあります。

倒れれば当然ギターはダメージを負います。

ハードケースだから大丈夫!!!

と、安心してるあなた。。

ハードケースでも、倒れると中のギターだけ折れるという事もあります。

ソフトケースなら一発です。

ケースに入れっぱなしは良くありません。

 

じゃ、どうすりゃいいか??

場所的な問題もあるでしょうが、なるべくケースから出してギタースタンドに立てておきましょう。

 筆者は本数が多いのでこんな感じ

 

その際、スタンドがギターにあたる部分に布などを巻いておくとグッド!!!!

塗装の種類によっては、ギタースタンドのゴムの部分で塗装が変色してしまう事もありますので。

 

ゴムが当たらないように、こんなもふもふ付きのスタンドもあります。

(もふもふだけでも売っている)

↓↓

 

そして、安全な場所に置きましょう。

スタンドごと倒しては意味ありませんので。。。

直射日光も注意ですよ。

やっぱり塗装が変色してしまいます。

 

ケースに入れっぱなしが駄目な理由は他にもあります。

出すのが手間で、弾かなくなるって事もあります。

まぁこの理由は、ギター好きの皆様にあんまり居ないしょうがww

 

あまり知られていないかもですが、ケースから出しておくと良い理由があります。

それは、ギターに生活音を聞かせてやるのです。

音楽だったりTVの音だったり、とにかく音です。

ギターは基本的に木で出来ているので、音を聞かせると振動します。

振動させる事によって、木はどんどん鳴るようになっていきます!!

木がなるようになれば、ギターはどんどん成長していきます。

鳴るギターになるんですよーー。

 

という感じで、簡単ですが保管方法をご紹介しました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください